口唇ヘルペスの治療は抗ウイルス薬で早期回復を目指そう!

口唇へルペスという病気は、基本的には自然回復するもので、特別な治療をしなくても完治する人は多いです。しかし、初めて感染して免疫ができていない人だったり、他の病気を併発しているようなケースでは重篤化する可能性があります。

早めに医療機関で診察を受けることで、風邪などと同じく症状を緩和させたり、完治までの日数を短縮するように努めるべきでしょう。

ここでは口唇ヘルペスの治し方について、病院で診療を受けることを前提にして、主に抗ウイルス薬について解説させていただきます。

スポンサードリンク


口唇ヘルペスに効く薬とは?病院で処方される抗ウイルス薬は3種類

口唇ヘルペスを発症し、病院で診察を受ければ、なんらかの薬を処方されることでしょう。内服薬や外用薬、症状によっては点滴として注入されることもありますが、中身の薬については3種類が存在します。

【口唇ヘルペスに用いられる薬】

内服薬
外用薬
点滴
使用可能な時期
アシクロビル
発症~完治まで
塩酸バラシクロビル
-
-
発症~完治まで
ビダラビン
-
初期段階のみ

 

まず最初に紹介するのはアシクロビルという薬品ですが、こちらは内服薬・外用薬・点滴といったように、幅広い使い方をされています。ヘルペスウイルスの増殖を防ぐ効果がありますので、症状の段階を問わず処方され、水ぶくれが酷くなることを抑えてくれます。

ウイルスの増殖が鈍くなる分だけ、完治までの日数も早くなりますので、自然回復を目指すよりも短い時間で治すことができるでしょう。ただし、胃腸に病気を抱えている人などは、副作用を起こす危険性もありますので、医師の判断によっては処方されない可能性があることも覚えておきましょう。

次に塩酸バラシクロビルという薬品ですが、こちらは体内で吸収されると、最初に紹介したアシクロビルに変化します。そのため、効能としてはアシクロビルと全く同じ効果になりますが、体内に吸収されるまでのスピードはバラシクロビルの方が上です。

こちらは内服薬でしか処方されず、患者の年齢・体調状態、口唇ヘルペスの状態によって使い分けられることになります。

3つ目の抗ウイルス薬はビダラビンというもので、まだ水ぶくれができ始めの段階など、口唇ヘルペスの初期に用いられる薬となっています。外用薬や点滴としての利用が前提となっており、内服薬として使われることはなく、早めに診察をすればビダラビンを処方されることが多いです。

口唇ヘルペスならではの、ひどい水ぶくれなどで悩まずに完治できることもあり得ますが、その代わりに皮膚のかゆみなどの副作用も起こり得ます。

口唇ヘルペスを再発した場合には、早めに病院へ行くべき

前項で紹介したように、3種類の抗ウイルス薬がありますが、いずれにしても飲んですぐに完治するような特効薬は存在しません。いずれの薬にも共通していますが、ヘルペスウイルスの活動や増殖を阻害する機能が主であり、即座にウイルスを死滅させるような効果はないのです。

すでにウイルスが増殖をしきった後に診察を受けても、薬の効果はあまり期待できなくなってしまうので、発症してすぐに診察を受けた方が予後も含めて得策と言えるでしょう。

また、何度も口唇ヘルペスを再発させているような人の場合、ウイルスが皮膚と神経を往来しやすくなっている体質である可能性が高いです。こういった人については、できるだけヘルペスウイルスの活動を抑え込む必要がありますので、ビダラビンのような初期症状に効きやすい薬を持っておくべきでしょう。

発症リスクが高いと自覚していれば、抗ウイルス薬の力を借りることによって、口唇ヘルペスで悩む頻度も減っていくことが期待できます。

いずれにしても、薬というものは素人判断で多用するべきではありませんし、副作用を起こす可能性があるケースも存在します。きちんと医師に診察してもらい、自分の体に合った治し方を指導してもらうことで、前向きにヘルペスに対応することができるようになります。

放置しても完治する病気ではありますが、少しでも良い形で早く完治させたいのであれば、気づいた時点で診察を受けることをおすすめいたします。

スポンサードリンク


ヘルペスとはどんな病気か
口唇ヘルペスについて
性器ヘルペスについて
帯状疱疹について
その他のヘルペス
ヘルペスと似た病気
ヘルペスの治療について
自分でできるヘルペス対策