単純ヘルペスウイルスが原因の角膜ヘルペスは失明の可能性もある

ヘルペスというと皮膚の病気であるイメージがありますが、中には目にまで悪影響を及ぼすケースも存在します。角膜ヘルペスという症状を引き起こすと、眼球内の角膜という組織に異常が起きてしまい、大幅に視力が低下してしまう危険性があります。

場合によっては角膜移植などの手術が必要になったり、最悪の場合には失明をしてしまうような危険性もある病気です。

ここでは眼のヘルペスである「角膜ヘルペス」について、原因や症状、治療法をまとめさせていただきます。

角膜ヘルペスの原因は、三叉神経に潜伏しているウイルス

顔の内部には三叉神経と呼ばれるものが存在し、三叉というのは眼神経・上あご神経・下あご神経の3つに分岐していることを示します。

ヘルペスウイルスというものは三叉神経に潜伏する特徴があるため、もしも眼神経にウイルスが作用すれば、ヘルペスの症状が眼にも及ぶことになります。

ヘルペスウイルスの感染自体は恐ろしいことではなく、成人の大半が体内に保有しており、三叉神経内で何もしないまま潜伏しているのが普通です。

これが何らかの原因、例えば体調不良やストレスなどによってウイルスが活動し始めると、三叉神経を経由して様々な器官に悪影響が発生します。

ほとんどのケースでは顔表面に発疹や水ぶくれが起きることになりますが、人によっては眼神経にまでウイルスが作用してしまい、それが角膜ヘルペスの症状へと繋がってしまうわけです。

角膜ヘルペスの症状は、上皮型と実質型の2種類

角膜ヘルペスを起こした人の多くに共通する症状としては、普段よりも多く涙が出る、光に対する認識の異常(眩しく感じる等)、かゆみや痛み、充血といったものが挙げられます。

ただし、すぐに視力が低下してしまうようなことは稀であって、こうした初期症状が長引いてから徐々に視力も落ちることになります。

上の図でも示させていただいたように、角膜ヘルペスの症状というのは一概に言い切れず、上皮型と実質型という2種類に大別されています。

角膜の表面にある「上皮」でウイルスが活動をする場合は、一時的な痛みや充血といった症状に悩まされるでしょうが、完治してしまえば視力低下まで起こすことは少ないです。

一方で、角膜そのもの(実質)でウイルスが増殖するようなことがあれば、ヘルペスが引いた後に視力低下の後遺症が残る恐れがあります。

やはり恐ろしいのは視力低下を起こす「実質型」の角膜ヘルペスで、こちらの場合には角膜が腫れていき、白っぽく目が濁るという特徴があります。

眼科医の診察においても、こうした見た目の特徴で判別されるのが一般的で、重度の角膜ヘルペスならば素人でも鏡を見ればわかることがあります。

角膜ヘルペスの治療方法は抗ウイルス薬がメイン

角膜ヘルペスと診断された場合、よほど特別な器具の整った病院でもない限りは、抗ウイルス薬を使った薬物療法を選択することになるでしょう。

ヘルペスウイルスさえ沈静化すれば、角膜ヘルペスの症状も完治することになりますので、発見が早ければ後遺症を残すこともありません。

わかりやすく表現を変えれば、目薬を使った治療ということですから、眼科で相談することを躊躇したりする必要はないということです。

ただし、抗ウイルス薬を使った治療によって、角膜ヘルペスの危険性が完全に排除されるわけでもありません。前述したように視力低下などの後遺症が残る可能性がありますので、しっかりと予後も含めて経過観察をする必要があり、何度か通院することにはなるでしょう。

また、単純ヘルペスウイルスの特徴として再発リスクの高さが挙げられますが、それに伴って角膜ヘルペスについても再発しやすい病気となっています。

一度でも角膜ヘルペスに悩まされた経験があるならば、その後も何度か症状を繰り返す可能性があるので、よく警戒をするようにしなければなりません。

いずれにしても、発症から治療までの時間が短いほど視力への悪影響もおさえやすくなりますので、早期の診察が最も大切であることは間違いないことでしょう。

ヘルペスとはどんな病気か
口唇ヘルペスについて
性器ヘルペスについて
帯状疱疹について
その他のヘルペス
ヘルペスと似た病気
ヘルペスの治療について
自分でできるヘルペス対策