男性の性器ヘルペスの症状の現れ方

性器ヘルペスという病気は、男女ともに感染する可能性があるものですが、その症状は微妙に異なる部分があります。それぞれの性別ごとに、きちんと初期症状などの特徴を理解しておかないと、誤った対応をしてしまい重病化してしまう恐れがあります。

ここでは男性が性器ヘルペスになった場合について、どんな症状が起こるのか解説させていただきます。特に初期症状については前もって理解しておき、初めてヘルペスになった場合や、再発してしまった場合に早期発見できるようにしておいてください。

性器ヘルペスの感染源は?男性が注意しなければならないこと

性器ヘルペスの感染源は、基本的には性交渉によるものが大半です。すでに性器ヘルペスを発症している人と行為に及ぶと、相手のヘルペス患部に蓄積しているウイルスが皮膚に移ります。

自然界に存在するウイルスとは異なり、すでに症状を起こしている最中のものは、即座に症状を引き起こす特徴があります。相手が性器ヘルペスを発症している場合はもちろん、口唇ヘルペスを患っている場合にも注意するようにしてください。

誤解している方も多いのですが、性器ヘルペスの感染ルートというのは、下半身同士の接触だけではありません。口唇ヘルペスで口周辺に水ぶくれができている場合、患部を他人の下半身に強く接触させれば、相手には性器ヘルペスとして症状が現れます。

他の性病と異なる特徴と言えますので、性行為に及ぶ際には注意をしておきましょう。

患部の場所によって口唇ヘルペスや性器ヘルペスといったように、病名がつけられていると考えれば、基本的には間違いありません。

いわゆるオーラルセックスと呼ばれるような行為についても、口唇ヘルペスと思われる症状が出ている間は、お互いに控えるようにした方が無難です。

男性が性器ヘルペスに感染すると、どんな症状が起きる?

ヘルペスは患部に水ぶくれや腫れを引き起こし、皮膚の内部でウイルスが増殖する病気です。そのため、性器ヘルペスに感染した場合、男性ならば陰茎部分に水ぶくれが現れることになります。

このとき、痛みやかゆみといった自覚症状も現れますので、そのような感覚に襲われたら皮膚に異常がないか確認してみましょう。水ぶくれができかけていたりすれば、ヘルペスの疑いが強いので、早めに対処・診察をするようにしてください。

また、状況によっては陰茎周辺ではなく、肛門や股間といったような部分に症状が出ることもあります。患部がズレているからといって、性器ヘルペスではないと勘違いするのではなく、ピリピリとした痛みやかゆみを感じたら注意しましょう。

初期症状が出てから、早ければ2日ほどで痛みを伴うブツブツや腫れが見られるので、そうなったら性器ヘルペスと判断して良いでしょう、

性器ヘルペスの場合、皮膚の異常だけではなく発熱などを併発することも多いです。特に初めて感染をした場合には、まだ体に免疫が全くできていない状況ですので、様々な面で重病化する可能性があります。

男性の場合は排尿が困難になるほど陰部が腫れてしまい、トイレに行っても残尿感で悩まされるような事例が見られます。

単に性交渉を控えればよいだけの病気ではなく、生活にも支障をきたす恐れがありますので、できるだけ早期の回復を目指すようにしましょう。

他の性病と混同してしまうと危険

性器ヘルペスは時間と共に回復していく病気ですので、知識がある人ほど軽視してしまい、泌尿器科などの診療を敬遠する傾向にあります。

しかし、何もしないまま放置をしても早期の完治は期待できませんから、恥ずかしいと思わずに診察を受けることをおすすめします。このとき性行為をした相手も性器ヘルペスに感染している可能性があるので、一緒に診察を受けるように心がけてください。

早期の診察を勧める理由はこれだけではなく、他の性病との区別をきちんとつける意味もあります。梅毒などの初期症状に似ている部分がありますので、そういった他の性病である可能性がある以上は、きちんと病名を確定させておく必要があるでしょう。

男性の場合は、梅毒に感染した場合にも陰茎周辺に痛みや腫れが起きますので、発見が遅れて重症化しないようにしなければなりません。

口唇ヘルペスならば、他の病気と混同することが少ないのですが、性器ヘルペスは感染源が性行為であることが多い分、他の性病との区別がつきづらい特徴があります。

自覚症状などである程度の判別ができるとはいえ、最終的には病院の医師に診察してもらうのが一番です。

また、必ずパートナーが伴う病気でもありますので、自分だけではなく相手のことまで考えて、性器ヘルペスの可能性を感じた時点で診察を受けるように説得してください。

ヘルペスとはどんな病気か
口唇ヘルペスについて
性器ヘルペスについて
帯状疱疹について
その他のヘルペス
ヘルペスと似た病気
ヘルペスの治療について
自分でできるヘルペス対策